カーコンポは矛盾していると思う

自分のお気に入りのマイカーに乗って、
最高の音楽が聞きたいと考えるのは私だけではないはずです。
車を買ったときにはある程度のカーコンポが設置されているはずですが、
音質的にイマイチであることが多いため、
ドレスアップの1つとしてコンポを付け替える方は多いと思うのです。

 

ラジオとCDが聴ければ問題ないと考える方も多いかもしれませんが、
iPhoneやスマホを接続して大量にストックしてあるMP3が
聴けないと困ってしまいます。

 

安売りされているタイプのカーコンポにチェンジしても、
その音の違いは分かりるはず。なので、
長期間車を使うことを考えれば
早めに交換する方が有効だと感じます。

 

私もある程度の高価なコンポを買った事があります
(ビビリ音を抑えるための制振用のボードを組み込んだり)。
ですが、後で気になってくるのはノイズなのです。
スピーカーから出てくるノイズという意味ではなく、
車内で音楽を聴く時のノイズです。

 

道を走っていればタイヤとアスファルトが摩擦する音が聞こえてくるし、
エンジンが回転する音、マフラーから出る音、
そして窓を開けていれば風が入ってくる時の音がします。
このようなオーディオ以外のノイズはどうしても抑える事は難しくて、
せっかくの音の良さが台無しになってしまいます。

 

このノイズの事を考えると、かなりの高級車に車をチェンジするか、
家庭用のオーディオで音楽を聴くことが有効
であると考えるのです。
車を止めてエンジンを停止して音楽を聴くという方法もありますが、
バッテリーが上がる危険性があります。